ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院

ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院

ギリシャの世界遺産には、いくつかの有名な修道院があります。
修道院に共通することは、歴史が深いということと、美術的な観点から大きな価値があるということです。
また、中に入ると特別な空気が流れているのが肌で感じることができます。

ギリシャで観光地として有名な世界遺産の修道院は、ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院です。
それぞれの特徴と見所を紹介します。

ダフニ修道院は、ギリシャの首都アテネからも比較的行きやすい場所にあります。
アテネから10キロほどバスで約40分ほどで行けることから、アテネからの日帰り観光としても人気があります。
南ギリシャで一番美しいといわれている修道院で、1990年に世界遺産に登録されました。
バスで行く場合は「ダフニ」という停留所で降車し、そこから遊歩道となっているので、美しい森の道を散策しながら進んでいきます。
ダフニは森の中にひっそりと佇む修道院で、季節の移り変わりとともに見せる景色の変化がまた一層、修道院を美しく見せています。

ダフニはもともと5、6世紀頃に建てられた修道院ですが、11世紀にビザンティン教会として再建されている歴史ある修道院です。
こちらの見所は何といってもドーム型の天井に描かれているモザイク画です。
ビザンティン教会では、11世紀以降はモザイク画は多額の費用が掛かるため、ほとんど描かれなくなり、今はギリシャではこちらのダフニを含めて3つしか現存していないとても貴重なものです。
また外観も大変素晴らしく、見ごたえのある場所です。

オシオス・ルカス修道院もアテネからバスで2時間半くらいのところにあるため、日帰り観光として有名なところです。
こちらは、ビザンティン時代のフレスコ画が有名です。
実はフレスコ画が描かれた修道院はギリシャで3つしかないため、とても貴重なものなのです。
こちらのオシオス・ルカスでは、そのフレスコ画が当時のものとしては、とても良い状態で残っているため、美しい絵を間近で見ることができます。

同じようにフレスコ画が残る修道院として有名なのは、ヒオス島のネア・モニ修道院です。
同じく世界遺産に登録されており、八角形の教会の形と内部のモザイク画は、完成度がとても高いと評価されています。
博物館も併設されているので、ヒオス島の観光名所として一番有名なところです。
ビザンティン時代の影響をもっとも色濃く残している修道院といわれています。

ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院のすべてを巡ってみては如何でしょうか。